ランチのために出勤

やっと長い長いメルボルンのロックダウンが終わり,だんだんに元の生活が戻ってくるのだろうかと思っていたのもつかの間,今度はオミクロンだそうで,また日本への一時帰国が怪しくなってきた。

TWENTY8 Freshwater Place Entrance

さて,そうした中,オミクロンで水際対策が厳しくなったものの,まだメルボルン市中はロックダウンが終わって活気が戻りつつある状況。ここにクリスマス気分が重なり,みんなルンルン気分にあることには変わりないというか,ますます高まっている感じである。

ということで,私が所属するテスターのチームもクリスマスランチとなり,本日そのランチのために集まるので,ついでに出勤してきた。

会社が入っているビルの入口が冒頭の写真。12月なので,これはもうどこでもお約束だ。気が早いショッピングセンターなどでは11月に入ると一斉にクリスマスの飾りつけを始める。

今日のランチはよくあるオージー御用達のパブレストラン。ヤラ川沿いのにぎやかなところ。出てくる食べ物はまあありきたり。費用は会社持ちで,思いっきり贅沢なものを取ってもよかったが,マネージャーが「私は絶対バーガー」とか言ったせいか?みんな忖度してバーガー系を取った。このテスターのチーム,マネージャーを含め8名。うち野郎が3人(うち1名は欠席。マネージャー以下女子6名。うち3名がインド系。この人たちが肉を食さない。酒も飲まない。お付き合いが大変そう。ということで,3名のインド系女子,2名はベジタリアンバーガー。1名は例外的にベジタリアンラビオリ。残り4名が和牛ビーフバーガーを取った。分厚い和牛ビーフパテ2枚重ねのバーガーに,これでもかとチップスが添えられ,おなかいっぱい。肉はまあうまかったが,20ドルもするバーガーで和牛と銘打っておいてうまくなかったら怒るぜ。お供は私の一番のお気に入り,西オーストラリア,フリーマントルがお里,現在メルボルンの隣町ジロンに工場を持つ「Little Creatures」というPale Ale。

夕方から雷雨の予報なので,3時過ぎには帰宅。帰宅後少し残務をこなしていたら,予想どおり雷雨来襲!早めに帰っておいてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。