そろそろロックダウンの話の続きをしよう

前回,「この辺でロックダウンの話をしよう」と題して,主に日本にお住まいの読者に,メルボルンでのロックダウンの実際を報告した。今回はその続き。

前回の記事は8月16日付。あれから12日が経過した。メルボルンのロックダウン6.2(6回目のロックダウンの2回目の延長期間)は進行中。実際には先週の土曜日,8月21日に規制がさらに強まった。我家に直接影響するものは,買い物の規制で,買い物は5㎞圏内というだけの規制だったのが,土曜日の午後から1世帯,1日1回のみ,1人でいかなくてはならなくなった。より人流と接触機会を減らす措置だ。

さて,今回は,Victoria州において,どうやって人流をモニターしているのかについて話す。

まず,エクササイズ目的で,ジョギングやウォーキングをすることは5㎞以内1日1回1時間以内の範囲で同伴者1名で可能なのだが,これについてはモニターのやりようがない。

もう一つ外出が許される理由は買い物である。これについては,各商業施設の入り口に下の写真のようなQRコードが貼ってある。買い物客は各自ここでスマホを取り出し,QRコードをスキャンして,誰がいつ,どこに入ったかを登録することになる。

店舗入口に貼ってあるQRコード
店舗入口のQRコードの例

実はこれについては,ロックダウンとは関係なく,すでに定着していて,商業施設に限らず,あらゆる公共の建物の入り口に設置されていて,各自スマホでチェックインすることが,まあまあ定着していた。そうはいっても,面倒でやらなかった人もいただろうが,ロックダウン中は入口に人がいて,チェックインを徹底させていたりする。現状はそれほど徹底していないが,ロックダウン開始時にはかなり厳しくチェックしていた。

さて,もうすこしこのチェックインを詳しく見ておくと,まずスマホでカメラをONにし,このQRコードにかざす。するとVictoria州のアプリ「ServiceVictoria」を起動するバーが現れる。

カメラの画面の上端にアプリ起動のバーが現れる

これをタップするとアプリが起動する。(もちろん最初はアプリをインストールする必要がある。) 「ServiceVictoria」 は名前のとおり,Victoria州政府関連の様々なサービスを利用するときに使うアプリで,コロナ対策だけが目的ではない。しかしQRコードで起動すると,すぐにコロナ対策のためのチェックインサービスに行って,「Open」のボタンをタップするとチェックインのページが開く。

Openのボタンをタップしてチェックインページを開く

チェックインのページに行くと,初回は名前と電話番号を入れる必要があるが,それ以降は,すでに入力済となっており,単にCheck-inのボタンをタップするだけでおしまい。どこに入ったかという情報はQRコードで自動的に読み込まれているので,いちいち入力する必要はない。

Check-inボタンをタップすればチェックイン完了

ということで,

  1. QRコードスキャン
  2. アプリを起動
  3. Openボタンをタップ
  4. Check-inボタンをタップ

    という都合4ステップでチェックインが完了する。その間,文字や数字を入れる必要はなく,まあ10秒ちょっとでできることなので,さほど面倒ではない。ということで,皆さん概ねチェックインをやっているようである。

この情報を利用して,どんなことをしているか?これについては次回また紹介する予定。

さて,ロックダウン6.2だが,相変わらず感染者が毎日60人程度出ており,数字が一向に下がらない。ただ,感染経路が特定できないケースは減ってきている。これだけが救いだが,どうも今までとちがってロックダウンの効果が薄い。やはりデルタ株の割合が増えたということもあるだろう。

ところで,規制中の生活はどうか?ちょっと前になるが,8月22日の日曜日。やっと寒さが緩んで気温が20度を超えた。天気も上々ということで,5㎞以内で行ける海岸まで夫婦で行き,海岸沿いを散歩してきた。散歩は広義のエクササイズであるから,外出の理由としてOKだ。

このブログポストの冒頭の写真だが,このぐらいの陽気になると,海に入ってしまう人が結構いる。水があったかいんだろうって?冗談じゃないよー。真夏でも日本人にはちょっと厳しい冷たさ。まして昨日まで寒い寒いといっていたんだ。南半球の8月って北半球の2月に相当するってことお忘れなく。それでも平気で泳いでいるやつがいっぱいいるんだよね。食い物が違うとしか説明のしようがない。

上の写真を見る限りでは,このあたりは,まあこんなもんかという人出。ところが下の写真。遠くをよく見ると,ヨットハーバーの左あたりに鳥が飛びまわっているように見えるところがある。これ,カイトサーフィンだ。エクササイズ名目でやっていいのかな?1時間以内に終わって帰れる?うーんちょっとグレーだね。

このあたり(下の写真)もちょっと密だが,子供連れの場合子供はカウントされないので,まあいいか。犬もいいだろうね。

ところが,おお,ウィンドサーフィンも登場。カイトサーフィン同様,ちょっとグレーゾーンだな。

まあ,警察もあんまり厳しく取り締まってないし,この程度はいいんじゃないという暗黙の了解である。

本日(8月28日土曜日)も割と暖かな日となった。近くの公園を散歩。結構な人出だった。

近くの公園

うーん複数家族で集っているようにみえるなー。本当はいーけないんだーいけないんだ!

鳥にはロックダウンなんかない。自由でいいね。

公園の噴水の上にとまってず~っとくつろいでいるロリキート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です