客船オタクになりそう

夕方,思い立ってSt Kilda Beachの太陽系(「太陽系をめぐる散歩」参照)の10億分の1スケールモデルの未撮影の惑星の写真を撮りに行った。ポートメルボルンのステイション・ピア付近で,海王星を発見,とその背景に,こんな超豪華客船が見えるではないか!

Celebrity Solstice
Celebrity Solstice

冥王星まで撮影し終わり,そのままこの客船の撮影の撮影に移行。

いやー,でかい船だ。

実は,この後ろにメルボルンとタスマニアのデボンポートを結ぶ定期フェリーの「スピリット・オブ・タスマニア」が停泊している。たまにこのあたりに来て,この船を見掛けると,大きいなあと思うのだが,今回見たこの客船に比べれば,子供みたいなものだ。下の写真が2隻の比較写真。

Spirit of Tasmania and Celebrity Solstice
Spirit of Tasmania and Celebrity Solstice

この大きい方の船,船体に書いてあるとおり,Celebrity Solstice「セレブリティ・ソルスティス」という。

Celebrity Solstice
Celebrity Solstice

Wikipedia:セレブリティ・ソルスティス

スピリット・オブ・タスマニアはカーフェリー。29,000トン,1400人乗り,自動車を1000台搭載できる。

これに対し,セレブリティ・ソルスティスはなんと,121,878トン,乗客定員は2852名という。長さは100mちょっとの違いだが,客室キャビンの階層の多さが威容を誇っている。前から不思議なのだが,どうしてこんなに背の高い船がひっくり返らないのだろう。甲板とみられる部分から6階層,その上に見た目が異なる階層が最大で3階層。つまり甲板の上に9階建てのビルが載っているようなものだ。下のパノラマ写真で,付近のマンション(いずれも10階建て以上)と比べても,その高さはタメを張っている。

IMG_1488c

私は,子供のころ乗り物酔いがひどかったが,大人になってほぼ治った。しかし,いまだに船だけは弱い。で,クルーズとか全然魅力を感じないのだが,このぐらい立派な船ならいいかなと思う。もちろん,金がかかるから,実質的には無理であるが。

これがきっかけでいろいろと調べてしまった。

ポートメルボルンのステイション・ピアには,こういう豪華客船が時々停泊している。そのスケジュールがチェックできることが分かった。たとえばこのサイト。

Cruise ship schedule 2015-16

今日の日付を見ると,ちゃんとCelebrity Solsticeと出ているではないか。なんと寄港は午前8時,出航は午後6時。ええー,もう出発してしまったのか?すると,お客さんは,今日一日,メルボルン観光を楽しんで,次の目的地に向かったってわけだ。

おお! 今日からちょうど2週間後の2月18日には,Queen Elizabethがやって来るではないか!これはQueen Elizabeth初代,Queen Elizabeth IIに次ぐ3代目だそうだ。こういうのもWikipediaで調べるといろいろ分かって面白い。初代とQE2は巡行速度28.5ノットの高速客船だったんだそうだ。3代目は高速船ではなく,巡行速度22ノットらしい。まあ,とにかく,3代続く美しい船には違いなく,この船も見てみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です