スプーン(食事中に読まない方がいいよ)

コンサルタント会社が,いかに企業に改革をもたらすか…

先週,友人を連れて,最近できた「Steve’s Place」というレストランで食事をした。
注文を取ったウェイターは,なぜかスプーンを1本,シャツの胸ポケットにさしていた。配膳係が,水,ナイフとフォークなどを運んできた。そいつもやっぱりスプーンをシャツの胸ポケットにさしていた。

見回してみると,ここの店員はみんなスプーンをポケットにさしている。注文を取ったウェイターが,食事を運んで来たときに,我慢できないので聞いてみた。

「なんで,みんなスプーンを持ってるんです?」

「ああ,これでございますか?当店のオーナーは,アンダーセンコンサルタント(古いネタ!)を雇っておりまして,すべての作業を改善するようにお願いしております。で,彼らが,数ヶ月ほどかけまして,分析した結果,当店でお客様が一番落としやすいものが,スプーンであると解明したのでございます。えー,確か,ひとつのテーブルあたり,1時間に3回という頻度だそうでございます。」

「ほほう!」

「で,ここを何とかすれば,この新しいスプーンをキッチンまで取りにいく時間。これ,私共,ウェイターの時間なんですが,これがなんと,1シフトあたり,15人時間も削減できるんだそうでございます。」

聞いてるそばから,私もスプーンを落としてしまった。ウェイターはこれをすばやく交換した。
「はい,このとおりです。で,私は,次にキッチンに戻るとき,ついでに次のスプーンを取ってくればいいというわけでございます。今すぐキッチンに取りに行くという手間が省けたのでございます。」

なーるほど。これはすごい。

そのとき,私はもうひとつ,変わったことがあるのに気づいていた。
このウェイターのズボンのジッパーにひもがぶるさがっているのである。

見回してみると,他のウェイターもみんなこのひもをジッパーに付けている。
そこで,彼が去ろうとするときに,

「ああ,ちょっと待って。あのー,もうひとつ聞いてもいいかな?このひもは,なんなの?ああ,忙しいときに,悪いね。」

「はいー,構いませんですよ。」

すると,こんどは声をひそめて,

「お客様,なかなか,目の付け所がするどうございます。実はですね,これはそのー,先ほどのコンサルタント会社が,私どものトイレの時間をも削減するために考えだしたことでして。」

「何?トイレの時間まで?」

「はあ,これを引っ張りまして,こう下げますと,そのー,あの,ナニをですね,手で直接触れずに出すことができるわけでございます。そうしますと,いちいち手を洗う必要がなくなりますので,トイレの所要時間を,これがまた,なんと,76.39%削減できるんだそうでございます。」

私も声をひそめて聞いた。

「そのー,なんだ。出すのはいいけどさ,しまうのはどうやるの?」

「えー,それはですね…」

さらに声をひそめた。

「他の連中はどうしてるんだか,知りませんが,私の場合,このスプーンを使っております。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です