VirtualBox

前提

クライアント系Windows(7, 8, 8.1 そしてまもなく10)での仮想化について,かつ無料で調達できる仮想化環境について考える。

Windows系で仮想マシンを作るなら,今やなんといってもHyper-Vが王道といえよう。Windows OSの機能として実装されているHyper-Vは,その機能を有効にするだけで,ベアメタル(ハイパーバイザー)型仮想環境が構築できる。これは素晴らしいことである。Hyper-VでのVMホスティングは,クライアントWindowsでも8.0から可能となった。実際には新世代ハードウェア,Generation 2をサポートする8.1が現在のベストだろう。

しかし,まだまだWindows 7のユーザーも多いのではないか?その場合,Hyper-VはWindows 7上ではホスティングできないので,ベアメタル(ハイパーバイザー)系のVMホスティングはあきらめるしかない。ではホストOS型仮想化環境で妥協するとして,代替策としてどんな選択肢があるか?しかも,無料で調達できるものを考えると,VMware Player,Microsoft Virtual PC,そして Oracle VM VirtualBoxが挙げられる。VMwareについては以前に試しており,興味なし。Virtual PCについては,Hyper-Vがあるのだから,今更試してみたいとも思わない。ということでOracle VM VirtualBoxを採用して,Windows 7 64bitのラップトップ上に仮想化環境を作ってみることにした。

オペレーション

最新版VirtualBoxのダウンロードとインストール

Windows XP VMのインストール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

永住日本人サラリーマンの老舗サイト – 現地情報とブログ