年頭の指切り

皆様,大変遅くなりましたが,明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて,私は昨日,1月11日より仕事初め。それまでは,ブログも思いっきり休みにした。昨日再開しようとしたが,あまりの暑さに断念。最高気温は43度。夜になっても30度台で,180年ぶりに「最低気温の最高記録」を更新した超熱帯夜だった。寝室にはエアコンがないので,居間のエアコンを深夜1時近くまでつけっぱなしにし,ドアを開け,冷気を取り入れながら寝た。それでも寝苦しかった。

今年はどうもついていない。もともと去年のクリスマスイブぐらいからケチがつき始めていた。その日会社で遅めの朝食が催され,シャンペンで乾杯してチキンを食べるという行事があった。鶏の軟骨を奥歯でかじったら,ガリっと音がして,軟骨よりはるかに硬いものが歯に当たった。奥歯の詰め物が取れたのだった。さらに暮れのキャンベラ旅行中に,取れた詰め物周辺の歯も欠けた。幸い痛みはないので,現在歯医者のキャンセル待ちである。

30日,キャンベラ旅行から戻り,次の日は大晦日。年越しそばを食べていたら,いきなり土砂降りとなり,メルボルンの花火は中止。テレビでシドニーの花火を見た。こちらの「行く年来る年」にあたる番組は,こうして派手に年明けの花火の中継をして,それが終わるとあっさり終了。どこの国も同じなのか,そのあと,毒にも薬にもならない古いつまらなーい映画が始まってしまう。

で,私は寝る前にもうひと仕事と思い,懸案のPC組立てを開始した。やっと時間ができた。勇んで開始。まずは,シャーシについてきたバックパネルは,マザーボードのものと各種端子の口の位置が合わないので,マザーボードについてきたバックパネルと交換した。その際,時刻にして0時15分ぐらいか?左人差し指の先にチクっと痛みが走った。いっ,いてえ!?と思ったら,指先からダラダラ血が流れ落ちていた。バックパネルはアルミ製のとても薄い板なので,その角で切ってしまったのである。すでに日本酒がだいぶ回っていたから,血の出方も派手であった。あーあ,年明け早々なんてことだ。

かくして,題名にある「年頭の指切り」は,「今年こそは絶対に浮気はしません」と妻と指切りして誓ったとかいう意味ではなく,本当に指を切ってしまったという締まらないものであった。

その後,眠って,翌朝続きをやる。いや,思いっきり寝坊したから,3時ごろだったろうか?組立ては無事完成した。
今まで,ハードディスクの交換だの,マザーボードの交換だの,合計すれば10台分以上組立てたぐらいの作業をやった計算になる。しかし,一から最後まで組み立てたのは,なんと,今回が初めてであった。初めてだけど,10台分以上の経験はあるから,作業内容には自信があった。あったのだが,電源を入れても,起動しない。なにやらピーピーとブザーが鳴り,3秒ほど間隔を空けて繰り返す。スクリーンには何も出ない。困った。

マザーボードはIntel製。IntelのWebサイトで調べたら,このブザーのパターンは,グラフィックボードがないというメッセージだという。スクリーンに何も映らないから,話は合っている。合っているけど,このマザーボード,グラフィックは統合されていて,本体に付いてるんですけど?インストールされていない?それはないでしょう。

実際,ケーブルをつなげば自動的にグラフィック部が起動されるはずなんだよね。うーん。

いろいろケーブルを変えたりしたが,うまくいかない。あー,予定が狂ってしまった。

元旦は金曜日。夕方から義妹の一家が侵略してきた。PC組立てどころではない。

2日土曜日。飲んだくれながらもときどき再トライなどするが,相変わらず動かず。

夕飯はタイ風グリーンカレーの予定。ただでさえ左人差し指を切ったりしており,包丁さばきもいつもよりギクシャク。
グリーンカレーのペーストの瓶のふたを開けようとするが,固い。リングプルが持ち上がらない。すでに左手の指を怪我していて,その上右手の指の爪でも剥がしたりしたらたまらない。ここは大事をとって,と,引出しから計量スプーンを出して,これでリングプルを持ち上げようとした。この「大事をとって」という考えが,かえって悪い結果を生み出した。左手は例の人差し指が痛いので,少し浮かせており,主に親指と中指で瓶を支えていた。いつもと要領が違い,スプーンに力を入れた途端,ビンがツルっとすべり落ちた。ファーストインパクトはとっさに出したひざで受け止めたがまだ高さがあった。瓶はひざの高さから床に落ちた。しかも,マーフィーの法則よろしく,ガラス部分の底を下にして落ち,見事に底抜け状態になって瓶が割れた。ガラスの破片の上に溢れ出したカレーペーストが流れ込む。

ガラスの破片が混じっていては,もう使えない。激しく落ち込む。仕方なくスーパーに行き,買い直し。やっぱり正月からの不運が続いている。

翌3日,日曜日なので平常でもショップはすべて閉まっている。この日は完全にお手上げ状態。

4日月曜日は妻とモーニントンペニンシュラにある温泉に行く予約が入っており,この日は作業できず。温泉では二人そろって湯当りして,夕方帰ってから,ガクっと力尽き,夜まで寝てしまった。

5日火曜日。部品を買ったショップ「PC Space」に電話。会社のそばにある,MichaelとSophieという上海出身中国人夫婦がやっている店である。ちなみに,夫婦とも名前からは想像できない,典型的な中国顔をしている。さて,マイケル君!マザーボード,どうしてくれんのよ。ん?ん?ん?あら?応答なし。おい!まだ休みかよ。自分のことは棚に上げて怒る。
その日は,妻の休暇の最終日。そこで親子3人でそろって水族館へ。ペンギンが意外にかわいく良かった。3人ではしゃぐ。その後川沿いを散歩して最近できたSouth WharfのDFOを視察。母娘ともショッピングにはまる。帰宅は5時ぐらい。もうどこのショップも開いていない。

6日水曜日。再びMichael & Sophieに電話。応答なし。くそ,まだ休んでやがる。中国人は怠け者だ!あれ?日本人の私の方が怠け者かな?

とにかく仕方がない。たとえショップに持ち込んで,マザーボードを交換してもらうにせよ,きっと在庫がなくて,また数日待たされたりするのは必至だ。この作業が終わらないと,最終目的である,「現在のメインマシンをWebサーバーに回す」という作業に入れない。いっそ追加のグラフィックボードを買ってしまおうと決意。家の近所のPCショップは開いていた。ここはトニーというベトナム人の店。よし!「ハーイ,トニー!ここが開いていたんで助かったよ。えーと,PCI Expressくれ!安いやつでいい」すると,「えーっと,待ってよ。うん,今うちにある一番安いのは,これ。215ドル!」
耳を疑った。おい,安いやつでいいっていってるだろうが。これなら,マザーボード買い替えられるよ。止めた!

仕方ないので夕方,車を飛ばして,別の店へ。やっとのことで50ドルのボードを入手。

これを付けたら,見事,画面が出た。やたー!やたー!

待望のWindows 7をインストール。しかも64ビット版。メモリも6GB積んだ。32ビット版ではできない芸当である。

しかし,この時点ですでに7日に入っていた。予定は大幅に狂っていた。
だいたい,予定では先週末にWindows 7のインストールと移行が完了し,この週は月曜からWebサーバー構築と,今月末のソフトウェアテスターの資格試験の勉強に当てるはずだった。大幅な工期遅れである。

7日,8日と,遅れている勉強を優先しつつも,空き時間に作業続行。データ移行やソフトのインストールし直しなど,作業は多岐にわたり,なかなか思ったように進まない。おまけに8日は勉強の方も詰め込みすぎで頭がパワー切れ。慣れないことを急にやるもんじゃないね。

9日,10日の土日,友人宅にお呼ばれ。両日とも飲んだくれ。あまり作業できず。

ということで現在,メインマシンの移行がほぼ完了したのみ。最終目的のWebサーバー構築は,いつになるやら。

さて,今日はもう寝ようっと。年明け早々,大変つまらない話題でした。

今後はもう少し面白い話をしますので,今年もお付き合いのほどを!
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です