「フェーズ3/3 0%完了」で再起動を繰り返す

今回のケースは,これだけで完全解決とはならないが,トラブル解決の端緒として活用していただきたい。

ケースNo. 2009-001-a: 「フェーズ3/3 0%完了」で再起動を繰り返す

作業日: 2009年12月13日

OS: Windows Vista Home Premium 日本語版 (SP1)
タイプ: Laptop(Sony VAIO)

症状:

Windows Updateでアップデート(この場合,おそらくVista SP2)を適用後,指示に沿って再起動したところ,その後の起動プロセスで,画面が青緑基調のVistaの開始時壁紙になり,中央に丸で囲まれたWindowsの4色旗マークとファンファーレが出たあと,「更新プログラムを構成しています:ステージ 3/3 0%完了」というメッセージが画面中央に出た。このあと進行状況の0%はそのままで,いきなり「再起動します」とメッセージが表示され再起動し,再び同じ画面になる。これが永遠に繰り返される。
診断:

お客様サイドで,セーフモードはすでに試しているが,同じことが起きたとのこと。またF8から「システムの修復」を選び,これで出てくる修復メニュー画面から,システム復元(システムリストア)も試されたようであるが,この問題は相変わらず直らなかった。

Vistaにおいては,更新のインストールで,再起動を必要とする場合,フェーズを三つに分けている。このうち,フェーズ1/3と2/3は再起動のうち,システムのシャットダウン時に実施される。これに対し,フェーズ3/3は,再びシステムが立ち上がって,Windows開始が完了する直前,つまり上記のようにWindows開始のファンファーレが鳴った後に,実行される。今回の問題は,このフェーズ3/3が何らかの原因で失敗し,再起動を繰り返していると推測できる。
解決法:

まずは,一般論であるが,お客様が試したことをやるのが,常道であろう。

最初に,セーフモードで立ち上がらないか試す。

だめなら,このVAIO on Vistaの場合,起動直後にF8キーを押すことで,セーフモードのメニュー画面に,「システム修復」のメニューアイテムが出るので,これを使う。

システム修復メニューのうち,まず「起動トラブルの解決」という最初のメニューがあるので,ここから試した方がいいかもしれない。しかし,ここでいう起動とは,システムブートの部分で,Windowsに制御が渡ってからのことは関係ないと思われる。今回のケースではシステムブートは一応できていて,すでにWindowsが完全に立ち上がる直前まで来ているわけで,この機能は役に立たないだろう。実際,ダメ元でやったがだめだった。

次に,システム復元を試す。これで,最後のアップデートをやる前の復元ポイントまで戻すと,たいていは立ち上がるようになる。ただ,今回は,復元ポイントが一つしかなく,しかもこの復元ポイントに戻そうとすると,エラーが発生して,復元に失敗する。エラー原因はファイルシステムの問題とか出てきたが,本当かどうか,あやしい。

一応ファイルシステムの問題も疑い,ハードディスクを取り出して,別のPCからchkdskでファイルシステムのチェックと修復を試みた。いくつか問題があり,修復されたが,これはこの再起動無限ループの問題を解決してはくれなかった。chkdsk後,再度復元ポイントに戻そうとしたが,相変わらず,同じエラーが出た。

このシステム修復メニューの最後の手段はシステムリカバリであるが,これはあくまで最後の手段ということで,他の方法を考えた。Web検索などで調査した結果,これから以下に述べる方法で解決した。

 

この方法は,起動後に走るアップデートの残り作業を,なかったかのように見せかけることで,通常のログインをさせるものである。

この,再起動後に行うべき残り作業については,「%systemRoot%\WinSxS」というフォルダの「Pending.xml」というファイルに記述されている。逆に,このファイルが存在しなければ,再起動後,ログイン直前の作業はなくなる。したがって,このファイルを予め,消すか,名前を変えてしまえばよい。システムの修復メニューの一番下,コマンドプロンプトを選べば,この操作ができる。(以下,「>」はシステムが出力するプロンプト。システムはCドライブにあると仮定する。)
> C:
> cd C:\Windows\WinSxS
> del Pending.xml (削除)
または,
> rename Pending.xml Backup_Pending.xml (名前の変更)

結果

これで再起動したら,無事ログインできるようになった。

ただ,このあと,Windows Updateを続行したところ,SP2のインストールが失敗してしまうようになった。今度は再起動後の自動プロセスではなく,SP2インストールの最中であるから,同じ問題とは限らない。限らないが,そもそも,この無限ループに陥った原因が特定できていないのだから,これを解決しないで先に進めば,同じような状態に戻ることだってありえる。それに比べれば,曲がりなりにもシステムは生きているので,一応一歩前進と考えることにする。

続きはケースNo. 2009-001-bにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です